歴史とヒプノと光

我が家のネット環境は良くなかった。
というか、いままでポケットWi-Fiを使っていたんですが、この度光が開通しまして。
埼玉県さいたま市なのに光が通っていないという環境に降りまして、この度やっと開通いたしました。
あ~快適快適。
何だけど、また木曜日から奈良にいくのであまり使えないという。
とほほ。

私にとって歴史の勉強はヒプノセラピーに探究と近いところがあって全く関係ないように見えますがとても深い関係というか。
両方に通じることとして、

「それを疑え」

です。

例えるなら、3世紀の遺跡から出土した遺物が3世紀に造られたものとは限らない。

日本人はリサイクルというかもったいない精神が強いというか、結構使いまわしするんだよね。

ヒプノセラピーもそう。

クライアントが言っていることが本心だとは限らない。

ヒプノに入っていても、優等生的な発言をしたり、自己防衛に走り本心を言わない場合があるんだよね。

セラピストは責めたりジャッジする訳ではないんだから本心を言ってくれていいんだけど、やはり顕在意識は完全には眠らないから、やはりそれはしょうがないんだけども。

まあ吐き出しちゃった方が楽になるのは早いんだけどなあ。

という事で、またお返事は遅くなるかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

フォロワーの少ないツイッターはこちらから↓

Twitter

下記をクリックしてくださるとありがたいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です