私の過去世 4

以前、過去世リーディングを習いに行ったことがあります。

セッションメニューには書いてありませんが、過去世リーディングも出来ます。

対面でなくても出来ます。

が、視るだけです。

メッセージとかは受け取れません。物凄いアピールがあった場合は何となくこういうこと言ってるなあとわかるときがたま~にあります。

で、話はそれましたが過去世リーディングを習いに行ったとき先生に見てもらった私の過去世の一つ。

明治時代の男の子。

名前はしんちゃん。(しんのすけだかしんたろうだかそこまではわからなかった。)

汽車のなかで運び屋をしていた。

汽車の中でというか、配達みたいなことをしていたらしい。

先生曰く、とても大きな荷物でも上手にまとめて風呂敷の中に入れちゃう、とのこと。

片付けが上手というか仕事をこなすのが上手い。

現世でもその影響はあるでしょう、と言われた。

そういわれれば大体の仕事はバイト時代から考えてそつなくこなしていたかな、辞めるきっかけは大抵人間関係だけどね、あと倒産。

しんちゃん汽車に乗って仕事するの本当に好きなんだな、とも。

私もしんちゃんの影響はいまだに残っているんだなあ、仕事嫌いじゃないし。

とそれは今でも思ってますね。

また仕事について聞きたいこともあるし、しんちゃんに会いに行くかな。

ちなみに過去世リーディングのセッション希望者も募集中。

何が出るかはお楽しみ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です