前回の記事に少し関連。

夢をみますか?

というか誰しもが夢を見ているそうですが、覚えている人は少ないと思います。

スピリチュアル界では寝ている間な魂が抜け出して異次元で勉強していて夢はその名残とか、明晰夢の見方とかいろいろありますが、私的にはまあそれもあるでしょうけど一番は

 

日中こき使われた脳が夜意識がおとなしくなっている間にヒャッハーしちゃった。

 

というのが一番多いんじゃないかな。と。

だから私が大抵見ている夢は脳のストレス発散だと思われますが、たま~に過去世とか予知夢的な科学的でない夢も見るわけです。

ヒャッハーな夢と科学的証明ができない夢との違いは目覚めた時の違いでしょうか。

過去世や予知夢の時の目覚め時の動悸・息切れ・めまいなど(某CMじゃないよ。)普通の夢の時とは全然違うんですね。

物凄く感情が揺さぶられて目覚めるというか。

これ疲れるんだよねえ。

これは私だけかもしれませんが、目覚めた時に疲れるのはねえ。

めったに見ることは無いんですが、目覚めはいつもさわやかにいきたいなと思いますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です