埋蔵金

隣の市で埋蔵金発掘とのニュース。

甕のなかに中国の宋銭と明銭がたんまりと入っていたそうで。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27938250Z00C18A3L72000/

以前に蓮田では用水路に一億円という出来事がありまして、当時はちょっとした用水路探索フィーバーが起こりました。

蓮田ではお金は埋めておくというのは昔から綿々と受け継がれるDN Aのなせる技なのでしょうか。

単に両方の発見場所がうちから近いので、何故うちではないのだろうかという僻みです。

んで、ちょっと調べたところ甕の方は以前は武家屋敷が立っておりまして、屋敷の持ち主は岩附城の城主の太田資正(三楽斎)の部下のなにがしさん(名前は失念)の持ち物だったそうな。

岩槻(以前は岩附とも)城は私の地元で、しかも今のぶやぼにも登場している太田資正と聞いてなんか胸熱。

資正は戦国トップブリーダーとして有名。

戦国トップブリーダーで検索するとすぐに出てくるので調べてみてください。

岩槻駅前に犬と資正の像でも作ればいいのにと思うですがね。

人形だけだとねえ。何かしら目印になるものあればいいと思うんですが。地域振興策として。

道灌よりも資正推しですわ、私は。

(一応岩槻城作ったの道灌という事になっておりますが、人間的には資正の方が面白いと思うんだよね。のぶやぼの資正もカッコイイし。)

フォロワーの少ないツイッターはこちらから↓

Twitter

下記をクリックしてくださるとありがたいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください