言葉にはこだわる方だと以前書きましたが。
嫌いな言葉とかは結構あるんです。
何故嫌いなのかいろいろ考えているんですけども。

今日はその嫌いな言葉ではなくて、何故この言葉は一つしかないのか、です。

「夢」

眠っている時に見ているやつなのか、それとも将来とか希望を語っている時のやつなのか、わからないよね.
会話中ならまあ話の流れでわかりますが、いきなり「夢」と言われたらどっちなのかわからないんだよね。
英語も同じ「Dream」ですがやはりひとつしかないんでしょうか?
この二つの夢は根本的に違う方向を向いているような気がします。
私だけでしょうか?

将来や希望の方は顕在意識で考えているもの
寝ている時の夢は無意識下での脳内開放

なのに同じ「夢」という言葉でひとくくりにされています。
何故違う単語にならなかったのかと、昔の人は重要視していなかったのかなと全世界的に思う訳です。
こんなにベクトルちがうものが同じ言葉で言い表されてるなんて、不思議な感じがしています。

下記をクリックしてくださるとありがたいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です